ブランディング

SNSで人気者になりたいです!!あなたがやるべきこと

こんにちわ。

今回もSNSでうまくいく思考方法です。

前回はSNSを利用してうまくいく人の原則についてお話をしました。

今や個人の時代!だから覚えるべきSNSの原則

個性的が価値になる時代。

好きなことをするのが価値になる時代。

覚えてもらえていたらうれしいです。

今回は、あなた個人を価値にすることについてさらに具体的な方法をお話しします。

記事を読み切る頃にはあなたの価値を世に発信する方法がインプットされているので、
是非最後まで読んでください。

あなたの個性を価値に換える方法

いきなりですが、
あなたは価値のある人間ですか?

それともあなたは価値のない人間ですか?



「何だこの質問は?」と思わないでください。

答えはもちろんあなたは「価値のある人間」です。

というよりも、価値のない人間は存在しません。

ではなぜこんなことをお話するのかというと、
あなたは価値があるのに、その価値を周りの人に知らしめなくてはならないのです。

この状況、世にたくさんある「売れない商品」の状況に似ていませんか?

「使ってもらえばわかります。」「見てもらえばわかります。」

あなたとちゃんとお話をして見れば、あなたに価値がないと判断する人はいないでしょう。

つまり、「価値のない人はいないが、価値があると判断してもらえない」という状況が発生しています。

これがSNSを利用してうまくいっていない人の特徴です。

あなたに価値があると思ってもらうには

あなたの価値はあなたの中にあります。

  • 経験
  • 知識
  • 交友関係
  • 仕事
  • 好きなもの
  • 趣味
  • 家族

これらの価値を知ってもらわなくてはなりません。

知ってもらうにはどうするか?

まずは発信することが大切です。

もう一つは、発信したことを伝えることが大切です。

SNS上で価値があるとは、
「価値があることを認知してもらうこと」だと考えています。

だって本来の意味での価値がない人なんかいないんですもん。

あなたの価値を知ってもらう具体的な方法

抽象的なお話ばかりでしたが、具体的な方法論に移りましょう。

楽しそうにしているか

昔と違いSNSはリア充のツールといわれています。
(リア充:ネットではない現実の生活が充実している人を指すネット用語)

いかに自分が充実した毎日を送っているか。

毎日を楽しんでいるかがとても重要視されています。

つまり、

あなたの趣味や家族の事、面白かった映画やイベント。

とにかく何でもよいです。

写真や動画をたくさん撮ってアップしてみてください。

プラスで親近感を持ってもらうには

できる事であれば、を出しておくこともお勧めします。

それだけで、あなたの雰囲気がわかり、親近感を持つ人も増えるからです。

よくある興味を持たれない投稿

よくある失敗例が、おいしそうな食事の写真一枚で、
文章もほとんどない投稿です。

〇〇食べました~というやつですね。

たまになら良いですが、それがずっと続いていたら、あなたはどう思うでしょうか。

本当だろうか?と疑ってしまう人が少なからず出てきてしまいます。

実際に、偽アカウントに多いです。

せっかくあなた本人なのに、
偽アカウントだと思われるのはあなたもいい気持ちしないですよね。

だからこそ、簡単で良いので、感想場所なども一緒に投稿するようにしてください。

定期的な投稿は原則中の原則

意外と大変なことですが、

出来れば毎日、それでなくとも、
週に数回は投稿するようにしましょう!

例えば、たまたまあなたが見つけた友達の投稿が、
1か月前であったりしたらどうでしょうか?

あなたは「この人は投稿はしないんだな」と思ってしまうでしょう。

逆に、友達申請が来た場合でも、
投稿がなかったり最後の投稿が数か月前であったら、承認しない事もよくあります。

きっとまともな交流ができないだろうと判断してしまうからです。

SNSで人気が出る人というのは、
必ず定期的に投稿をして自分の楽しみを周りの友達に共有をしています。

少しだけ最初の質問を変えましょう。

あなたは、SNS上で価値のある人ですか?

それともSNS上で価値のない人間ですか?

では、あなたはSNS上で価値を上げるには何をするべきだと思いますか?

「ありのままのあなたを、SNS上で定期的に発信すること」です。

もちろん、他人に見せたくないところまでみせなさいというわけではありません。

あなたの考えや趣味、仕事、何が好きなのか。

それらを共有する感覚で良いのです。

初めは大変かもしれないですが、実際に行動をしてみてください。

次回は、投稿に人を集める方法についてお話をしようと思います。

でわでわ。

コメントを残す

*