活動記

仲間と日本代表の戦いから見た目的意識

サッカーワールドカップの日本代表の戦いが終わってしまいましたね。

最後のベルギー戦は本当に熱い戦いでした。

僕自身は普段はそうではないのですが、
ワールドカップの時だけ応援するにわかファンになるタイプです。

写真はリッツ・カールトン
スイートルームをとってみんなで応援したときの写真です。

大迫半端ないって!!」から始まったこのロシアワールドカップですが、
日本代表が決勝リーグ進出を決めた時のポーランド戦では、
日本は後半のパス回しのせいで、世界中から非難を受けてしまいましたね。

メディアで報道される内容は批判的なものが多かったですが、
実際に僕の周りの人たちの感想では、「目標は決勝リーグ進出」だったから、
目的を見失わなかった分戦略的に戦ってたという評価が非常に多くありました。

まぁ、試合内容として面白くなかったのは納得しますけどね(笑)

西野監督も「選手たちはよく従ってくれた」と言っていたことから見て取れるように
監督にとっても選手にとってもやっぱり苦渋の決断だったんですよね。

ここで、注目しておきたいのが、
選手たちと監督の間で、しっかりと「目的は何か?」が共有されていた点です。

ポーランド戦は会場でブーイングが起こるほど目に見えて時間稼ぎをしている試合になってしまいましたが、それでも「決勝リーグに出る」という目的のために、
ブーイングの中耐えていたのかなと思います。

逆にリスクをとって点を取りに行った結果決勝リーグ出場を逃していたら、
きっとそれはそれで周りから批判を受けていたんだろうなと。

勝手にいろいろ言う人たちはそういうものです。

今回の日本代表はベルギー戦では負けてしまったものの「結果で示す」という
最も重要な事を日本中に見せてくれたように思います。

今までいろいろ言われてきた日本サッカーですが、
今回のロシアワールドカップでなんとなく一皮むけたように感じます。

コメントを残す

*