コピーライティング

ブログを使って稼ぐために押さえるべき重要なポイント

ブログを使ってアフィリエイトで稼ぐことは、インターネットを使った副業の基礎だといえます。

時間のないサラリーマンにとっては、アフィリエイトブログを作ることが最適な手段といっても過言ではありません。
(細かいノウハウはたくさんありますが…)

ですが、ここに大きな落とし穴が存在します。

みんな、文章を書くだけで自然とアクセスが増えてお客さんからの問い合わせが増えると考えているということです。

もしも、あなたがそう考えているのであれば黄色信号です。すぐにでも考え方を改めたほうが良いです。これからその理由について解説していきましょう。

「誰」に向けて「何」を発信するのか理解する

まず、文章(記事)を書いて、アクセスを増やすという考えは正解です。間違っているわけではありません。

記事のないブログにはアクセスすらされることはありません。

ですが、多くのブログには一つ大きなポイントが抜け落ちています。

それが、「誰に向けて」「何を発信するのか」ということです。

この「誰」とは、あなたのお客さんになってくれる人のことで、「何」はその人が喜ぶ情報のことです。

ブログを始めたばかりの人は、記事を増やすことばかりに目が行ってしまい、大切なお客さんのための記事という視点がすっぽりと抜けてしまうんです。

これはとても危険なことだと思いませんか?

お客さんからすると、自分に取って役に立たない記事しかないあなたのブログから商品を買う理由は全くないんです。

ターゲットとなるお客さんを絞る

「あなたのお客さんは誰でしょうか?」

こんな質問をするとほとんどの場合、あいまいな答えが返ってきます。

ブログを使って稼ぐ場合、ここが明確でない限り収入になることはありません

例えば、同年代のサラリーマンに向けてなのか、主婦に向けてなのか…
もう一歩二歩踏み込んで「年収300万円代で結婚していて子供が1人いる。毎日の帰りが早くても10時過ぎてなかなか子供との時間が取れないサラリーマンに向けてブログを作る」なんてどうでしょうか?

あまりざっくりとしたターゲットにしてしまうと、誰に向けているわけでもない記事が量産されて結果的に読み飛ばされるだけのブログになってしまうため、ここはとにかく細かくして対象対象人数を減らしていくことを意識してください。

お客さんが減ってしまうと考えがちですが、このほうが収益を出すという視点に立って考えると細かくしていくほうが効果があります。さらに、お客さんにとって読んでいて役に立つ記事があるブログになるためお客さんがあなたから商品を買ってくれる可能性がグッと上がります。

何を発信するのか

ターゲットを明確にすることで、ここで必要なことは自然に見えてきます。

先にも少し書きましたが、ターゲットとなる人が喜ぶ記事を書くだけでいいんです。

お客さんは何に困っていて、あなたの記事を通してその困っていることを解決させることができるを追及してください。

これを繰り返すことによりお客さんは次第にあなたのブログは役に立つと認識していき、あなたが商品を紹介した場合にも「この人が言っているのであれば間違いなく良いものなんだろう」とお客さんの購入可能性リストに入れてもらうことができます。

ブログアフィリエイトの小目標を達成する

アフィリエイトをするブログの最終目標はお客さんがあなたのブログから商品を買ってくれることです。

ですが、そこに行き着くためには

1.ターゲットとなるお客さんが普段から来てくれること
2.お客さんがあなたのことを信用してくれること

この2つの目標をクリアしなくてはなりません。

お客さんがあなたのこと(あなたのブログ)を信用してくれればそれだけであなたから商品を買ってくれるようになります。

この2つの目標は「ターゲットを絞り」「お客さんが喜ぶ記事を書くこと」がしっかりできていればクリアすることができるはずです。

記事がたくさんあるのに全く売り上げが上がらないブログは共通して、ターゲットが誰で、その人は何に喜ぶのだろうかという視点がぼやけたまま記事を量産しています。

まずはこの2つの目標を達成するために必要なことをしっかりと行うようにしてください。商品を売ることを急いではいけません。焦らずにあなたがお客さんにとって価値のある存在であるということを伝え続けるようにしてください。

コメントを残す

*