アフィリエイトでお金を稼ぐ方法をご紹介!ブログの作り方からセールスのやり方まで、動画や図を使ってわかりやすく紹介します。

ユーザー視点に立った結果を反映するパンダアップデートとその対策は

インターネットで情報収集をしていて、思ったように情報が集まらないという経験をしたことはないですか?

Googleが2011年2月(日本では2012年7月)に行ったパンダアップデートはそういった状況を解決するために行ったものです。

このパンダアップデートが何を行っているのかを理解することによりGoogleがどんなサイトを上位に表示させたいのかが見えてきます。

この記事を読んでぜひ参考にしてください。

パンダアップデートとはサイトの質を判断するためのもの

パンダアップデートとは、質の低いWebサイトの順位を下げて、質の高いWebサイトの上げることを目的としたアルゴリズムのことです。

  • 他のサイトをコピーした記事ばかりのサイト
  • 画面全体に表示される広告が自動で表示されるサイト
  • 自動で作成された記事ばかり乗っているようなサイト
  • 記事の内容とキーワードが一致しないサイト

これらはすべて順位を下げる対象となりました。

今の随時更新を続けているのでいま問題のないWebサイトも役に立たないサイトであれば順位がいつか下がる可能性は十分にあります。

広告は直前のレビュー記事に注意するべき

ここで注目したいのが広告はどういった扱いになるのかということです。例えば、広告主の紹介分をコピーしてレビュー記事などを書いている場合、意味のない記事と判断されて順位が下がる可能性が大きくなります。

パンダアップデート導入前まではあまり気にしなくてもよかったのですが、今後はより「お客さんはなぜ直接商品ページに行かないのか」というところを意識してオリジナリティの高い記事を書く必要性が出てきました。

パンダアップデートへのSEO対策

Googleのウェブマスター向けブログのパンダーアップデートに関する記事によれば、2012年の時点で500パターンに及ぶアップデートが予定されているようです。(現在はもっと増えているかも)

つまり、それら一つ一つに対する対策を論じるのはほとんど不可能です。そのためGoogleも「ユーザーのためにサイトを改善し続けていくことをお勧めします。」と言っています。

改善する基準についてもウェブマスター向けブログで情報を提供してくれています。Webサイトの順位を上げるためにも一読するようにしてください
良質なサイトを作るためのアドバイス

このブログで良質なサイトとは

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

良質なサイトを作るためのアドバイス

と言っています。

この内容は当ブログの記事「SEO対策を始める前に理解すべきこと」や「「.info」と「.com」のSEO効果に差なんてない具体的な理由」で伝えている内容とほぼ同一です。

つまり、Googleは一貫してWebサイト運営者に順位を上げるためには質の高いサイトを作ることを進めていることがよくわかります。

対策には削除ではなく改善と追加で対応するべき

品質の良く部分を回収しようとするとその部分だけを削除仕様とする方もいますが、Googleのゲイリー・イリーズ氏はTwitterでこのように述べています。

We don’t recommend removing content in general for Panda, rather add more highQ stuff

我々は、パンダのためにコンテンツの削除することを推奨していません。
質を高いコンテンツをもっと増やしてください。

make it better, make it … thick, and ADD more highQ stuff.

薄いコンテンツには厚みを持たせて、質の高いコンテンツを増やしてください。

このツイートによると、パンダアップデートの対策には、コンテンツの削除よりも改善と追加のほうが有効であると読み取れますね。

Google側の考えでは、パンダアップデートはペナルティを与えるものではなく、アルゴリズムの改善の意味あいのほうが強いようです。

パンダアップデートにかぎるる話ではないのですが、検索順位を気にするのであればゲイリー氏の言うように今あるコンテンツの品質を改善しサイト全体の質を高めることが今後有効な方法になってくるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。