あなたが動けばみんなが付いてくる!あなたのコミュニティ作る方法

こんにちわ。

突然ですが、質問です。

あなたが発言、行動をしたときに一緒についてきてくれる人は何人ぐらいいますか?

SNSで発言をした時に、挨拶以外のコメントをしてくれる人はどれぐらいいますか?

あなたが発言をしたのに反応をしてくれる人が少ないのであれば、
あなたがどんなに良い商品を紹介したとしても、売れることはないですよね。

今回はそんなあなたが一言いえば反応をしてくれるコミュニティの作り方についてお話をします。

そもそもコミュニティができている状態とは

思い出してください。

クラスに1人ぐらいはその人がいるとなぜか人が集まっている人っていませんでしたか?

僕が小学生の時にはそんな子が一人いました。

その子がどこかへ遊びに行ったり、何か発言をするとみんなそれに賛同したり意見をしたりするような子です。

その状態がまさに、その子のコミュニティがクラス内にできていたと言えます。

SNSでも同様で、どんなに簡単な発言であったとしても挨拶以外のコメントをもらっている人っていますよね。

それがインターネット上で言うコミュニティができているという状態になります。

コミュニティを作りたければとにかく提供

さて、コミュニティができている状態が理解してもらえたところで本題に戻りましょう。

もしもインターネット上であなたが何かをしたいと考えているのであれば、
自分のコミュニティができるような情報発信の仕方をする必要があります。

そのためには何をするべきかということですが、
マインドセット的に言えば提供です。

相手の役に立っているだろうか?喜んでもらえるだろうか?

それを考える必要があります。

逆に、コミュニティが出来上がっていない状態から売込みを始めたとしても全く売れることはありません。

何も考えていないの丸わかりな、いきなりURL入りのメッセージを送ってくる方いますよね。

この記事を読んでいるあなたはそうはならないようにしてください。

さらに、売込みを始めたらそればかりにならないように、
例えば「無料レポートプレゼント」等、売り込むばかりではなくて売り込んだ後に相手に喜んでもらえる方法を考える必要も出てきます。

スポンサードリンク

そういった形でバランスを考えて、
相手のことを考えているなと思ってもらえる方法を実践することで、
あなたは相手に「売込みもあるけど自分のことを考えてくれている」と認識してもらうことができます。

相手からお金をもらう事の本質

提供するといわれても、提供できるほどのものなんてない。

そういってしまう方も多くいますが、実はそうではありません。

提供するということは、相手の困ったを解決してあげる事でもあります。

あなたが相手にしてもらえてうれしいと思うことは、あなたにできない事、困っている事を解決してもらえた時ではないですか?

何かをやってお金をもらうということも原則で考えれば困ったを解決してあげることに該当します。

あなたが何かを買うのは、買う商品に魅力を感じているからでしょう。

その魅力をもっと深く紐解いていくと、あなたが困ったことを解決してくれる商品であったり、補ってくれる商品であるはずです。

起業、副業をする場合でも同じで困ったことを解決してくれないところには、人もお金も集まることはありません。

「困っている人を見つけて助ける。」これがコミュニティを作る方法であり、
あなたの商売を成功に導く方法です。

もしもあなたが自分のコミュニティがまだ完成していないと思うことがあれば、
立ち返って困ったを解決してあげることに集中してみてください。

でわでわ。

P.S.
この記事はIROASのコンテンツである、「タルムード」と「ソーシャライザー」を元に書かれています。
もしもさらに詳しくコンテンツを見たいと思われたのであれば、ぜひともこちらを確認してみて下しさい。
↓↓

iroas


人気ブログランキング

スポンサードリンク

2 コメント

  1. こんばんは、ブログランキングからきました。
    コミュニティができるような情報発信は大事なことだと
    記事読ませてもらって勉強になりました。
    また拝見させていただきます。

    1. ゆきぴさん
      初めまして、コメントありがとうございます。
      そうですね。コミュニティを持つことでそれ自体が大きな資産になっていきますからね。
      また来てください!

      arinko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です